TikTokはひとつのスマホで複数アカウントは作れるか?生年月日が違っても大丈夫か?

TikTokに限らずSNSを使っている人は裏垢を持っている人が増えてきました。メインのアカウント以外にも趣味用、仕事用などと使い分けている人も多く、企業などは商品のプロモーションなどに複数のSNSアカウントを使うのが当たり前になってきています。そのため、担当者サイドで複数アカウントを管理、運用しているところも多いでしょう。

ほとんどのSNSはひとつのスマホで複数アカウントが管理できるようになっていますが、どのSNSも一応上限は設定されています。これはひとりで作れるアカウントの上限というよりは、同時に管理ができるアカウント数という意味です。

ツイッターの場合は5個、インスタの場合も(たぶん)5個、もちろんログアウトすれば他のアカウントでログインすることも可能です。

ではTikTokの場合はひとつのスマホで最大いくつアカウントが作れるのか?

また複数アカウントを作る際に気になるのが、生年月日の入力です。同じスマホで異なる生年月日を入れてもBANされないかが気になるところだと思います。

今回ネットでも調べましたが明確な答えがなかったので、実際にやってみました。

ひとつのスマホで作成できるアカウント数は(たぶん)8個が上限

たぶん、と書いているのはもしかしたらスマホのキャリアなどによって異なるかもしれないため、(たぶん)と入れています。

今回調べたところ記事によっては無限にアカウントが作れると書いてあるところもありましたが、あくまでも同じスマホで複数アカウントを同時に運用する場合の上限を知りたかったので、実際にやって運用してみました。

アカウントは4つ、5つと作っても常に「+アカウントを追加」というボタンが出ていますが、8個作った時点でこのボタンの表示が消えてなくなりました

7アカウントまでは「新しいアカウントを作る」という選択項目がでてくるのですが、8個目を作った時点でこの表記がなくなりました。

スクロールしてもこれ以上は下に行かず「+アカウント追加」の文字は出て来なくなりました。

つまりこのスマホではこれ以上は作れないということになりました。

たぶんどれかログアウトすれば、また新たに作成はできるのかもしれませんが、同時に運用できるアカウント数は8個ということになります。

同じスマホで複数アカウントを運用する場合、生年月日は統一するべきか

これ、ネットで調べても全く情報がなかったんで実際にやってみました。

実際ほとんどの人はスマホは自分だけのもので極めてプライバシーの高いものという認識だと思いますので、スマホを誰かと共有するということ自体があまりないとは思います。

なので同じスマホで複数アカウントを運用する場合、生年月日が異なるとおかしいのではないか?もしかしたらBANされるのでは?という疑問が出てくると思います。

やってみた結果としては、全然そんなことはなく通常通りアカウント作成できて、結構バズった投稿もあったのでシャドウバンなどの心配もないようです。

冷静に考えれば会社の共有スマホや家族で使う場合もあったりするので、別々の人が同じスマホを共有する可能性もないわけではないため、アカウントごとに変えても大丈夫かと思っています。

但し、ひとつだけ重要なポイントがあります。それは一度入力した生年月日の変更はできないということです。というか生年月日の欄にリーチすることができませんので、自分が入力した生年月日は必ず覚えておきましょう。

もちろん自分自身の生年月日なら忘れることはないでしょうが、例えば誰かのアカウントの運用代行をしていたりした場合は特に注意が必要です。

また、TikTokの場合、生年月日の入力は年齢確認の意味あいが強いようですが、もしかしたら、おすすめに載せる場合のアルゴリズムにも若干は関係している可能性もあるかもしれません。

これは想像ですが、例えば20歳のユーザーの投稿と50歳のユーザーの投稿があったとしましょう。それぞれの投稿は動画を投稿したユーザーの年齢に近い人のおすすめに載りやすいとかという可能性もあります。

TikTok広告はターゲットの年齢層を選ぶことができますが、普通の投稿だとどの年齢層にリーチできるかは分からないので、もしかしたらそういう可能性も今後はあるかもしれません。

TikTokは今一番稼ぎやすいSNSです!
いろんな検証データを公開していきます!

すぐに役に立つ人気のTikTok検証記事

TikTok初投稿200再生で止めずにバズらせるのに意識する数字を公開(実践データ付)

新規アカウントでTikTokを使ってコンテンツ販売をやってみたデータ公開

バズるアカウント作ります!