新規アカウントでTikTokを使ってコンテンツ販売をやってみたデータ公開

TikTokの集客やコンサルをやっている人の投稿で、よく「今最も儲かるビジネスはコンテンツ販売です!」って言っている人をよく見かけると思います。

確かにコンテンツ販売は非常に利益率が高くて、売りやすいビジネスです。

ただ、何も特技や専門分野のない素人の人がいきなりコンテンツ販売をやっても、そう簡単に毎月何十万円も何百万も稼げません。

一般的にコンテンツ販売は高額な商材を販売することが多く、集客→教育→販売というのDRMという手法が使われることが多いです。DRMとはダイレクト・レスポンス・マーケティングの略でいきなり商品を売らずに、まずは集客してから定期的にメールやLINEを送って教育というプロセスを経てから、高額なものを販売するという手法です。

売っているものは情報商材やコンサルティングなど形のないものが多いですが、中には悪質なものもあるため、人によってはこうした手法に嫌悪感を抱く人もいます。

もちろん素人の人がいきなりやるには準備段階のハードルが高く簡単ではありません。もちろんあなたが何かのスペシャリストで「集客さえできれば、高額でも売れるもの特技や専門分野を持っている」という場合は、ぜひこのDRMを学んで実践すればかなり稼げる可能性があります。

しかしほとんどの人は売れる商材を持っていないため、簡単に高額商材を作れるわけではありません。

そこで今回は特に専門分野も特技もない個人がTikTokを使って収益を上げるまでの具体的な方法を解説しています。

実際に実践したデータなども公開(*)していますので、読み終えた後はそのまま実践することも可能です。

*完コピしてパクる人が多いため、アカウント自体は非公開ですが、投稿したジャンルやインサイトなどのデータも含めて詳しく解説しています。

有料コンテンツ(記事)を1記事のみ作成して、TikTokに投稿するだけ

こちらは2021年の年末に実践して検証した結果を掲載しています。

やり方としては、有料のコンテンツ(記事)を作成(1記事のみ)して、それをTikTokに動画で投稿しただけです。

記事作成は丸1日かかりましたが、動画投稿は文字情報+BGMだけなので、1つ作成するのに20分程度です。

クリスマス前後に1回ずつ投稿して後は放置、興味を持ってくれた人がホームページに訪れて4,800円の記事が7個ほど売れています。
(注意:たまたま投稿したのがクリスマス前後というだけで投稿内容とクリスマスは全く関係ありません)

念のためにもうひとつ書いておくと、すでにTikTokのフォロワーがたくさんいるとかではありません。新規のアカウントでフォロワーゼロの状態から2回投稿しただけです。

ちなみに今回はドメインとホームページを準備しましたが、noteなどの有料記事を販売できるプラットフォームを使えば、そんな必要もありません。
*noteはすでにアカウントを持っている人が多く、ワンクリック(ワンタップ)で記事購入できるため、購入のハードルがかなり低く、もっと販売数は伸びると思います。

下記がその時の証拠画像です。
*ちなみにこれはcodokという記事販売システムを使っています。

年末年始ではない普通の時のほうが売れる内容なので、あとは毎日1本ずつ投稿していけば、1日1個か2個ぐらいは売れていくと思いますので、1日1個としても月に約15万円弱の売り上げになります。

codokの手数料が15%引かれますが、それでも1か月で13万円近くは残りますね。

また毎日投稿することでフォロワーも増えるため、インプレッションは日に日に増えていきますので、どこかで爆発する可能性もあります。

これがいわゆるコンテンツ販売と言われるもので、簡単に言えば有料記事の販売です。

ということで、このやり方を解説していきたいと思います。

では、順番に説明していきます。

コンテンツ販売の基本

初心者の人も多いと思いますので、まずはコンテンツ販売とは何か?について簡単に説明していきます。

そもそもコンテンツというのは、直訳すれば「中身」とか「内容」という意味になります。日本のWEB業界では「情報の中身」とか「情報の内容」という意味で使われることが多いです。

具体的には、映像やドラマ、漫画、イラスト、小説などいろんなものがあります。極端に言えば、イラストを売っているサイトも、漫画配信をしているサイトも、Netflixのような動画配信サービスもすべてコンテンツビジネスという括りになります。

もちろんド素人の一個人がそんなに簡単にコンテンツを作れるわけではないし、作ったとしても売れるわけはありません。

ド素人の一個人が作ることができて、尚且つ売れる可能性があるのは、最初に説明した「有料記事」です。

つまり文章です。

あなたが書いた文章を誰かにお金を出して読んでもらうというビジネスモデルです。

つまり、ここで解説するコンテンツ販売=有料記事販売と考えて下さい。

え!?素人が書いた記事をお金を払ってまで読みたい人なんているの?って思うかもしれませんが、、、いるんです。

簡単に言うとあなたの●●をノウハウとして売ることでコンテンツ販売は十分に成り立ちます。

それをこれから実例をもとに具体的なノウハウとして書いていきたいと思います。

ここからの内容は・・・

・有料記事が売れるジャンル
・今回実践したジャンルとおすすめテーマなど
・記事タイトルの付け方と有料記事の書き方
・投稿するSNSと投稿動画の作り方
・誘導の方法
・バズらせる方法
・サイトへの誘導の方法

といった内容になっています。

また、コンテンツ販売の裏側の話なども書いていますので、かなり参考になるかと思います。

【重要】2022年1月よりTikTokのプロフリンクを貼れるのは、1000人のフォロワーが条件となりました。この記事はフォロワーが0の状態からスタートしたアカウントで実践していますが、2021年に作成したアカウントのため、プロフリンクを貼ることができる状態になっています。
プロフにURLを貼るためにまずは1000人のフォロワーを獲得する必要があります。若干条件が異なるため、こちらの有料記事は当初の販売価格9,800円より約30%割引の6,800円にて販売しております。

なお、最短で1000フォロワー獲得するための裏技も近日中に公開予定です。

なお、こちらの記事はどちらかと言うとTikTokの運用方法と言うよりも、初心者が有料記事を売って稼ぐ方法に近い記事となります。
ただ、一応実践データとして以下のデータは公開しています。
投稿の概要:
再生回数:
ホームページ遷移率(全体):
コンバージョン率:

それでは本題のほうに入ります。

TikTokは今一番稼ぎやすいSNSです!
いろんな検証データを公開していきます!

すぐに役に立つ人気のTikTok検証記事

TikTok初投稿200再生で止めずにバズらせるのに意識する数字を公開(実践データ付)

新規アカウントでTikTokを使ってコンテンツ販売をやってみたデータ公開

バズるアカウント作ります!